ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムデジタルプレス

インクジェットデジタルプレスのトータルサプライヤーを目指し、新体制へ

富士ゼロックスなど関係会社との連携により提案力強化

2017年10月16日

富士フイルムデジタルプレス株式会社

富士フイルムデジタルプレス株式会社は、日本およびアジア地域のグラフィック市場におけるインクジェットデジタルプレスの提案力・販売力を強化するべく、10月16日付で販売体制の刷新を行ないます。代表取締役社長には、新たに富士ゼロックス株式会社執行役員の麻生 修司が就任いたします。当社は今後、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(代表取締役社長:辻 重紀)、富士ゼロックス株式会社(代表取締役社長:栗原 博)をはじめとする富士フイルムグループ各社との連携を一層強化し、枚葉型/輪転型を含め、さまざまな用途に向けてインクジェットデジタルプレスのラインアップ拡充を図り、フロントからポストプレスまでの生産システムをトータルに提供してまいります。


■デジタルプレスの戦略的活用が変革のカギに

今回、富士フイルムデジタルプレスの社長に就任する麻生は、2009年より富士ゼロックスの執行役員としてグラフィック分野の営業トップを務めてきました。今後は、印刷市場に向けた富士フイルムと富士ゼロックスのインクジェットデジタルプレス全般の販売を統括します。また、富士フイルムデジタルプレスは、経験豊富な富士ゼロックスのセールスが加わることで営業部門の陣容を拡大し、印刷市場におけるインクジェットデジタルプレスのプロフェッショナル集団として、強い提案力と販売力を備えた組織となります。

富士フイルムデジタルプレスは、2011年、商業印刷向けインクジェットデジタルプレス『Jet Press 720』の国内販売・マーケティングを担う会社として設立しました。現在、最新機種である『Jet Press 720S』の導入実績は、国内で約40台、ワールドワイドで100台近くに達しています。一方、富士ゼロックスが扱う輪転型インクジェットデジタルプレスは、データプリント用途を中心に国内で多くの導入実績を持ち、最近では商業印刷や出版印刷の用途でも導入が加速しています。

また、これらのデジタルプレスを効率よく運用するためのデジタルフロントシステムも、業務システムとワークフローシステムの連携やWeb to Printシステムの普及に加え、大量のジョブを効率よく印刷するためのアプリケーションや、複数のデジタルプレスを集中制御するオペレーションシステムなどの環境が整ってきました。これらを組み合わせ、デジタルプレスをいかに戦略的に活用するかが、いま、印刷ビジネスの変革に向けた大きなテーマとなっています。


■データプリント、商業印刷、パッケージなどの幅広い分野をカバー

このような市場環境の変化が進む中、新社長の麻生は、新体制となった富士フイルムデジタルプレスが発揮できる強みについて、「これまで販売してきた枚葉型インクジェットデジタルプレス『Jet Press 720S』と、今月より販売を開始した軟包装向けUVインクジェットプレス『Jet Press 540WV』に加え、富士ゼロックスが販売してきた輪転型インクジェットデジタルプレスをラインアップすることで、データプリントから出版物・カタログなどの商業印刷、軟包装パッケージ印刷まで、幅広い用途で即戦力として活用いただける製品を提供できるようになった」と語っています。
さらに、ソリューション提供の方針について、「デジタルプレス単体ではなく、生産工程全体の効率化や自動化、最適化を実現するワークフロー、ポストプレスソリューションも含めたトータルシステムを提供していく」とし、インクジェットプレスの“真のトータルサプライヤー”となることを宣言しました。

また、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズの代表取締役社長:辻 重紀は、今回の富士フイルムデジタルプレスの体制強化について、「富士フイルムはオフセット印刷分野で長年培ってきたノウハウと豊富な製品ラインアップを持ち、富士ゼロックスはデジタルプレス分野で強い販売力と提案力、システムインテグレーション力を持つ。今後はこの両社の強みをより一層有効に活かしながら、お客さま一社一社の要望・課題を的確に捉え、最適なソリューションを提供し、お客さまの利益向上に貢献していけると確信している」と述べています。


富士フイルムデジタルプレスは、富士フイルム独自のインクジェット技術『FUJIFILM Inkjet Technology』を核に、インクジェットデジタルプレスおよびデジタルフロントエンド、ポストプレスソリューションのトータルシステムサプライヤーとして、お客さまの事業拡大・利益向上に貢献してまいります。


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムデジタルプレス株式会社
  • TEL :03-5534-0360
  • 〒135-0053
    東京都江東区辰巳1-4-11 STビル辰巳別館

バックナンバー

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る